武蔵小杉の歯科では治療と予防ができます!
歯.net

歯科でできるのは治療だけじゃない?予防をするなら歯科に行こう

武蔵小杉の歯科では治療と予防ができます!

マスクと医療器具

小さい頃から予防

産まれたばかりの赤ちゃんには、当たり前のことですが歯はありません。そのため虫歯の原因となる虫歯菌も存在しないのです。虫歯菌は、歯がある口内でしか生息できないため産まれたばかりの赤ちゃんの口内に住むことはできないのです。しかし、歯が生え始めてくると虫歯菌が生息できる環境になってしまいます。また、赤ちゃんが虫歯になる原因の多くは、親などの大人と同じスプーンやお箸を使って食事をすることで感染する虫歯菌と言われています。虫歯菌は唾液から感染していくため、同じ食器類を使っていると感染しやすくなってしまうのです。予防するためには、同じ食器類を使わない、小さな子供の口にチューをしないようにしましょう。こういった方法以外にも歯科に通える年齢になったら小児歯科で定期的に口内ケアをしてもらったり、妊婦歯科でお母さん自信の虫歯菌を減らしたりするのも良い方法です。母親の口内環境が健康的であれば、子供が虫歯菌に感染するリスクを軽減させることができます。

大人の予防歯科

大人になると、自分では丁寧にブラッシングできているつもりでも磨き残しが多いという人が増えてきます。その理由は、ブラッシング方法を忘れた、歯ブラシのサイズが合っていないといった事が主な理由と言われています。磨き残しが増えると虫歯の原因にもなりますが、口臭の原因にもなるのです。そのため、武蔵小杉にある歯科で正しいブラッシング方法と磨き残しが無いかどうかの確認をしてもらいましょう。定期的に予防歯科を受診することで、虫歯になる確率を減らすことができます。

キシリトールを摂取しよう

キシリトールを摂取することで、虫歯菌を弱らせることができます。虫歯菌を減らしたい!虫歯になる確率を下げたいという人達は、キシリトールが含まれているガムやタブレットなどを使って対策していきましょう。ガムやタブレットを食べることができない子供は、キシリトールが含まれている歯磨き粉を使ったり、スプレーを使ってみましょう。うがいができない子供でも使えるタイプが幾つかあるため、歯が生え始めた小さな子供にも使用することができます。

みんながやってる虫歯予防!

私は家族揃って定期検診を受けています(30代:主婦)

私達家族は、半年に一回の頻度で歯科にいって口内の定期検診を受けています。子供が産まれる前までは、正直定期検診なんて受けていませんでした。でも、子供が産まれて歯の大切さを乳幼児健診で説明されてから考えが変わったんです。健康的なカラダを作るためにも、虫歯0であり続けたいですね!

広告募集中